本文へスキップ

今年も春がやってきたでは「日本桜の名所100選」より各地の桜情報を紹介しています。

近畿 > 醍醐寺

醍醐寺

「花の醍醐」とも言われる桜の名所。豊臣秀吉が晩年、贅を尽くした「醍醐の花見」を行ったことからこう呼ばれる。現在も約800本の桜が境内を彩る。カワヅザクラを皮切りに、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラと続き、三宝院のオオベニシダレと金堂わきのオオヤマザクラが咲き終わるまで約3週間、様々な桜が咲き誇る。


住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
お問い合わせ:世界遺産 京都 醍醐寺
075-571-0002



品種名:ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ、シダレザクラ
桜の見頃:3月下旬〜4月上旬
アクセス:【電車】地下鉄東西線醍醐駅から徒歩約10分 JR山科駅から京阪バス約20分「醍醐三宝院」下車徒歩すぐ 【車】名神高速京都東ICから約20分

youtube動画



ナビゲーション